• HOME
  • 介護保険 愛する家族のために いざという時 こどもの世話になりたくない保険(商品の特長)

介護に備える保険 介護保険
愛する家族のために いざという時 こどもの世話になりたくない保険

保険料お見積り
「愛する家族のために いざという時 こどもの世話になりたくない保険」は、公的介護保険制度に定める要介護4・5に認定された場合の一時金保障が一生涯続く"介護保険"です。月払保険料2,640円で、要介護4・5認定時に300万円の保障が一生涯続きます!
(無解約返戻金型介護認定一時金給付保険(11):3,000,000円/50歳/男性/保険期間・保険料払込期間:終身/クレジットカード払扱の場合)
  • 商品の特長
  • 給付金受取例
  • 商品の詳細
  • よくあるご質問

こだわりの一時金保障

公的介護保険制度に定める要介護4・5認定された場合に最高で
500万円の一時金を受け取ることができます。
※ 介護一時金500万円のプランに加入された場合。
[一時金にこだわる理由]
一定額を1年に1回など分割して受け取る年金保障が中心の介護保険もありますが、「愛する家族のためにいざという時こどもの世話になりたくない保険」は経済的な負担が大きくなる要介護4・5認定時に保障範囲を限定して保険料負担を抑えつつ、介護認定された場合にはまとまったお金を受け取ることができる一時金保障に特化しているのが最大の特長です。
介護と家族
65歳以上になると、「病気やケガでの入院患者数」を
要介護4・5の認定者数」が大きく上回ります。
公的介護保険制度における要介護4・5とは、食事や排泄など日常生活全般が一人でほとんどできず、理解の低下がみられる状態。65歳以上では、そんな方が、実は病気やケガで入院する方よりもずっと多いのです。介護は決して他人ごとではありません。
65歳以上の方の「入院患者数」と「要介護4・5の認定者数」 出典:厚生労働省「平成26年度 患者調査」、「平成25年度 介護保険事業状況報告」
介護する人の多くは女性。夫や親の介護を担っています。
介護者のうち、10人に7人以上が女性です。同居家族が多ければ分担も可能ですが、ご夫婦二人の場合は一人で介護を担うことに。年齢とともに体力が低下していくことも、女性にとっては不安です。
主な介護者の性別割合 出典:厚生労働省「平成25年度 国民生活基礎調査」
介護と費用
在宅介護の負担額は年間60万円以上になることも。
家計のゆとりが奪われるかもしれません。
自宅での介護では、バリアフリーリフォームにかかる費用だけでなく、医療品や介護用品などに毎月多額の出費が必要になることが予測されます。平均で約5年といわれる介護期間を考えると、預貯金だけで十分なのかが心配です。
※生命保険文化センター「平成27年度 生命保険に関する全国実態調査」
在宅介護の費用例(要介護5認定のAさんの場合) 出典:生命保険文化センターホームページ「リスクに備えるための生活設計」
施設介護の場合、家族の金銭的・体力的な負担は
少なくなるものの「入居時期」「費用」が問題です。
介護を受ける人も介護をする人も、家族の負担を考えると施設介護を望みたいところ。しかし公的施設は現状では「空き」がない場合が多く、また民間施設では高額になってしまうケースもあります。
施設介護の費用の目安 財団法人 高齢者住宅財団ホームページ、厚生労働省「平成21年度 特別養護老人ホームの入所申込者の状況」

介護に関するさまざまな情報やサポートをご提供します!

介護施設や介護サービス等の情報をパソコンでご提供します。
「愛する家族のために いざという時 こどもの世話になりたくない」サイトは、こちらをご覧ください。
介護に関する悩みやご相談に介護の専門スタッフが無料でお応えします。
老人ホーム・施設・物件選びのお悩み等、介護相談員にご相談いただけます。
※愛する家族のためにいざという時こどもの世話になりたくないサイト、介護相談センターは、業務委託先である(株)プロトメディカルケアが提供いたします。
AIG富士生命 健康サービスが付いています!
AIG富士生命では、治療や健康をトータルにサポートする商品付帯サービスを提供しています。
*業務提携先であるティーペック(株)が提供します。ご利用に際しては諸条件があります。

がんトータルサポートサービス

1がんPET検診サポートサービスご利用いただける方:対象商品の被保険者様、被保険者様と同居のご家族

  • PET検診とは・・・
    健康診断や人間ドックでは発見できない、早期がんの発見のための検査方法として近年注目されている検診です。ほとんどのがん発見に対して有効で、かつ苦痛もほとんどなく全身を一度に調べることが可能です。
    ※がんの種類によって不向きなものもあります。

  • がんPET検診サポートサービスでは・・・

    ●全国の提携PETセンターのご紹介から予約代行
    までトータルサポート

    ●検査料金を優待価格に

    ※PET検査が公的医療保険制度の対象となる場合は割引の適用はありません。

    ●検査結果をCD-ROMにて提供

    ※一部の施設を除く

2がん治療相談サービスご利用いただける方:対象商品の被保険者様*

  • 経験豊かな医師、保健師、看護師、がんに関する専門性の高い医療スタッフが、がんに関するさまざまな質問に電話でお応えします。また、がんの先進医療に関するご相談や医療機関情報などの提供も受けることができます。

3粒子線治療相談サービスご利用いただける方:対象商品の被保険者様

  • 「粒子線治療」を専門とする総合相談医から、ご自身のがんについての「粒子線治療」に関する相談を受けることができます。総合相談医が面談にて粒子線治療への適応を判断した場合には、「粒子線治療」を実施する医療機関を紹介します。

  • セカンドオピニオン

    がんに対する粒子線治療の適応について、総合相談医より治療に関する相談を受けることができます。 また、粒子線治療の適応とならない場合には、他の治療法に関する相談を受けることもできます。

  • 粒子線治療医療機関紹介

    粒子線治療の適応であり医療機関の紹介が必要と総合相談医により判断された場合には、粒子線治療を行う医療機関への紹介を受けることができます。

4がんこころのサポートサービスご利用いただける方:対象商品の被保険者様*

  • がんと診断され、ショックや不安を受け止められない、またお仕事やご家族のことが心配で治療に専念できないなどの、治療に関すること以外の不安について、心理カウンセラーがお話を伺います。
    心理カウンセラーに電話、もしくは全国のカウンセリングルームにて直接面談することができます。

*被保険者様と同居のご家族もご利用できますが、相談内容は被保険者様に関する相談に限ります。

ベストホスピタルネットワークサービスご利用いただける方:対象商品の被保険者様

より良い治療を選択するために、現在の診断に対する見解や今後の治療方針・方法などについて意見(セカンドオピニオン)を聞くことができます。また、セカンドオピニオンの結果、総合相談医がより高度な専門性を必要と判断した場合に、優秀専門臨床医を紹介します。

メディカルコンサルテーション

  • ヘルスカウンセラーによる相談・手配

    専任のスタッフが、ご利用者の病症状や既往歴などをお伺いした上で、必要な資料・書類のご説明をいたします。

  • 面談・電話によるセカンドオピニオン(二つ目の意見)

    より良い医療を選択するため、総合相談医から現在の診断に対する見解や今後の治療方針・方法などについて意見(セカンドオピニオン)をもらうことができます。面談によるセカンドオピニオンの結果、より高度な専門性が必要と総合相談医が判断した場合には、優秀専門臨床医が紹介されます。

    ※電話によるセカンドオピニオンでは、優秀専門臨床医の紹介は行いません。

  • 受診手配・紹介サービス

    専任のスタッフが医療機関への受入確認や受診の手配・紹介をいたします。
    (主治医のもとでは対応できない治療法や手術方法が必要など、主治医が判断したケースで、手配・紹介先の医療機関にその専門分野の医師が在籍し治療可能な場合lこ、受診の手配や紹介をいたします。)

セカンドオピニオンご利用の流れ

健康医療相談
サービス

ご利用いただける方:対象商品の被保険者様、被保険者様と同居のご家族

  • 日々の健康管理や緊急時などに迅速・適切にお応えできるよう、24時間・年中無休体制を整え、電話によるご相談に応じています。

こころのサポート
サービス

ご利用いただける方:対象商品の被保険者様*

  • 全国の提携カウンセリングルームにて、専門の心理カウンセラーと直接面談することができます。プライバシー保護を厳守した受付体制ですので、安心してご相談いただけます。また、臨床心理士、精神保健福祉士等の心理カウンセラーに「精神的な悩み」や「こころの問題」について、お電話で相談することもできます。

*被保険者様と同居のご家族もご利用できますが、相談内容は被保険者様に関する相談に限ります。

糖尿病トータルサポート
サービス

ご利用いただける方:対象商品の被保険者様

  • 糖尿病に関するさまざまなご質問にお電話でお応えする「糖尿病の相談サービス」や、経験豊かな保健師、看護師が糖尿病についてご相談に応じると同時に、必要に応じて、優秀糖尿病臨床医の紹介、または糖尿病専門医のいる医療機関をご案内いたします。

※AIG富士生命ダイレクトにおける現在販売中の対象商品:無解約返戻金型悪性新生物療養保険(2014)、無解約返戻金型医療保険(2013)、無解約返戻金型介護認定一時金給付保険(11)、引受基準緩和型終身医療保険(10)

  • 商品の特長
  • 給付金受取例
  • 商品の詳細
  • よくあるご質問

ご注意事項

  • ご契約の際には「重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)」、「ご契約のしおり・約款」を必ずご覧ください。
  • この保険は保険期間を通じて解約返戻金はありません。
  • 保険料払込方法はクレジットカード払扱です。
  • 契約日からその日を含めて180日以内に「所定の」アルツハイマー病または「所定の」アルツハイマー型認知症を原因として支払事由に該当した場合には、支払われる一時金は「介護一時金の10%」となります。
  • このページに記載の保険料は、2016年4月1日現在のものです。
  • このページに記載の社会保障制度に関する内容は、2016年4月1日現在で施行されている制度によります。今後の制度改正等によって、内容が変更される場合がありますのでご注意ください。
AFL365/1604A
保険料のお見積りはこちらから
保険料お見積り
がん保険医療保険持病・既往症のある方向けの保険